ラジアル構造

ラジアル構造とは、タイヤ構成の基礎となっているコードが、タイヤの側面から見たときに放射状に配列されているタイヤのことをいいます。
ラジアル構造のタイヤは、タイヤが路面に接地する部分が、ベルトと呼ばれる強力な補強帯で強力に締め付けてあるので、高速走行中でも遠心力によるタイヤの変形が少なく、転がり抵抗が小さいのが特徴です。
また、ラジアル構造のタイヤは、高速耐久性、耐摩耗性、操縦安定性、制動力に優れ、接地面との摩擦による発熱や、転がり抵抗が小さいため低燃費です。
しかし、バイアス構造のタイヤより、若干乗り心地は若干劣ります。